暑くなると悪化するニキビ

5年以上大人ニキビに悩まされています

もう5年以上大人ニキビに悩まされています。一進一退を繰り返していますが、完治はしていません。ニキビケアには洗顔と保湿が大切だと聞いて、しっかりメイク落としをすることと、洗顔後に、すぐに保湿ジェルを塗るように心がけています。

 

毎年、冬の間はそれほどでもありませんが、暑くなってくると悪化します。ある春の日、急に日差しが強くなった翌日に、顔全面にニキビができたことがありました。あまりにも突然ニキビが増えたので、何か原因があったのではないかと思い、考えるうちに、ひょっとして紫外線がよくないのかもしれないと思い至りました。

 

調べてみると、紫外線はニキビ跡がシミやシワの原因になるだけではなく、ニキビにもよくないようです。紫外線は本当にお肌の大敵ですね。春先のことで、まだ日焼け止めや日傘は早いと思っていたのですが、油断し過ぎていました。それ以来、紫外線が増え始める4月には、紫外線対策を万全にするようにしています。これはニキビ防止にも効果があると思います。

 

ニキビに漢方!

出産を経た今、10代や20代の頃と比べると、明らかに肌質も体質も変化したことに気付きます。そして、ニキビのでき方やできる場所も、若い頃とは違ってきましたね。

 

10代20代の頃は、主にTゾーンにニキビができていたのですが、けれど2人の子どもを出産して、30代となって今は、鼻の穴やら眉毛の横やらお尻にもニキビが出来るのですよね。正確に言えば、年齢的には「ニキビ」ではなく「吹き出物」というのでしょう。

 

ですから、ニキビ対策としては若い頃のように、軟膏を塗ったり、洗顔をこまめにすることで対応しきれなくなってきているのです。そこで周囲のママ友に教えてもらって始めた習慣と言えば「漢方」です。

 

たとえば、生理前のホルモンバランスの乱れを改善することに、私は「漢方」を利用しています。本当ならば、食生活で改善するのが良いのですが、食物繊維が豊富な野菜中心でなおかつしっかり栄養のある食事を毎日?というのは、なかなか難しいことです。ですから私は、産婦人科にて「漢方」を出してもらい、それを飲むことで身体のだるさやほてりも含めて、肌質を改善しているのです。

 

トップページへ戻る