脱ニキビ肌

継続は力なり。明るい未来をイメージして脱ニキビ肌。

女性2

 

混合肌で中学生の頃からニキビがおでこに出来、大学生になると鼻や頬を中止に社会人になってからは、顎や背中にも出来るようになりました。ニキビ跡シミ

 

乱視で成人するまでメガネをかけて化粧に億劫だったので化粧落としすら知らず、汚れを不十分に落としきらない洗顔によるニキビの悪化も自分で招いていたと思います。なのでその後、継続して心がけて実践していたことは、しっかり泡立てた泡と体温よりも低めのぬるま湯で洗顔することその後の保湿作業です。

 

湯船ほどの温度のお湯で洗顔するとかえって基本的に必要な皮膚の脂まで落としてしまい肌の表面が硬くなってしまうので四季に関わらず32度の設定にしてきめ細かい泡を作ってこすらないように肌の上で泡を転がすようにして汚れを落とすようにしていました。

 

洗顔後は、佐伯チズさんのサランラップとコットンを使用したパック方法を積極的に取り入れて余った化粧水を首などのデコルテにも利用しました。混合肌で乳液なども吸収しにくい方ですが、肌に触れても化粧水がつかなくなる程肌がきちんと吸収したという感覚があった後に必ず乳液を塗るようにしていました。

 

また、頭皮の生え際や背中などにも頻繁にニキビが出来ていたのですが、それはシャンプーやリンスの洗い残しによるものだという美容院の方からのアドバイスを取り入れて以前より丁寧に洗うようにしました。

 

そして、1番注意したことがやはり肌の表面を傷つけないことです。凹凸を無くしてしまいたい衝動がかえって肌を汚してしまい、状態の悪化、治りを遅らせてしまうので治った時にやりたいことなどをイメージして忍耐強く他のお尻ニキビケアと平行して続けました。

 

すると、結婚前に通ったエステでは、相乗効果が生まれ写真撮影も自身を持って望めました。今後も目標を作って継続していきたいと思います。

 


頓珍漢|相互リンクSEO-P-Link ver3.5  荒唐無稽|相互リンクSEO-P-Link ver3.5 笑止千万|相互リンクSEO-P-Link ver3.5 大胆不敵|相互リンクSEO-P-Link ver3.5 豪胆無比|相互リンクSEO-P-Link ver3.5 野放図|相互リンクSEO-P-Link ver3.5